印鑑の歴史

日本では、現在でもよく使用されますが、印鑑には長い歴史があります。もちろん今ほど頻繁に使われていたわけではありませんが、日本で初めて使用された印鑑は、漢倭奴国王と書かれており、金印と呼ばれていたのです。 金印は一般の人が使用するような印鑑ではなく、日本を治めていた位の高い人物のみ使用していました。平安時代から鎌倉時代にかけて、一般の人も印鑑を使用するようになったのですが、この頃はまだそれ程浸透していませんでした。

では、いつ頃から民間人もよく印鑑を使用するようになったのでしょうか。結論から言いますと、明治になってからなのです。明治になると印鑑は法律に従って管理されるようになってきましたし、役割も一気に増えてきたので、民間人にも印鑑を押す習慣が広まってきました。 しかし、印鑑というのは世界各国で使用されている訳ではなく、日本を含めて数ヵ国しかそういった習慣はありません。日本では現在印鑑登録をして実印として使用する場合もありますし、インターネットが盛んになってきたこともあり、インターネット通販業者から物が届いた時にも受け取り証明として使用します。

更には企業同士や個人と企業が契約を結ぶ時にも使用しますし、契約書などで書き間違えた時などにも捨印と呼ばれているように、印鑑を使用するのです。よって明治に入ってから現在まで印鑑は欠かせない存在となっています。 当サイトでは印鑑に関する知識を色々と紹介しているので、多くの人が参考にするようなサイトとなればよいと考えています。